さゆり日記

青山劇場のリハーサル 大車輪です

 11月に入りました。冷たい雨に打たれた枯葉に秋の深まりを感じます。5日からの青山劇場、石川さゆり音楽会も、 いよいよ秒読みとなりました。
 先日の日記にも書きました 「歌芝居」の稽古、そして、歌、音楽のリハーサルに連日没頭してしております。合間の時間を遣り繰りして、 衣装などの打ち合わせをいたしますから、目が覚めてから眠るまで青山漬けの毎日です。
 音楽、アレンジは、この音楽会のスタートから一緒に創っていただいている宮川彬良さん、レコーディングでも数々ご一緒している若草恵さん、 そして私の音楽仲間の千代さん、崎久保さんと、四人のアレンジャーが、それぞれのコーナー、曲を創って下さいました。 音楽の景色が皆さんそれぞれで、とても楽しいものになりました。
 リハーサルをやっていますと、メンバーから色々なアイディアが出てきて、「これ、凄く良い音がしたよ!」なんていいながら、 小学校の頃に使っていた『たて笛?』を持ってきて吹いてみたり・・・。この『たて笛』正式にはソプラノリコーダーという名前があるそうです。 知らんかった!
 皆で賑やかに楽しくリハーサルをやっています。
ご覧いただきたいです。
 秋のひと時、青山劇場で石川さゆりのステージ、お楽しみ下さい。来てね!!

バックナンバー


ページトップ