2020年6月のバックナンバー

お家でライブ その3

日付が変わった土曜の0時、第三弾動画です。

お待たせしました。

「紫陽花ばなし」〜「居酒屋『花いちもんめ』」
北へ流れる哀しい女の物語です。
YT2.jpeg

アルバム「JAPAN」リリース

昭和「童〜Warashi〜」
平成「民〜Tami〜」
令和「粋〜Iki〜」

そのどれもが根底に持つトラディショナルな部分を大切に継承しつつ、先進的な音楽との融合を果たした三枚。音楽にはボーダーの無いこと、伝統に新たな旋律が加わり、音楽の楽しさを教えてくれる作品群です。

三つの元号の中で生まれてきた、さゆりさん渾身のアルバム「JAPAN」は、32年の時を掛け、令和2年6月17日、リリースです。

TECE-3583(¥6,000+税)/全50曲収録

japanJK.jpg

*ファンの皆様へ お知らせ

延期や中止のお知らせばかりが続き、ファンの皆さんがどんなに落胆しているか。コロナ感染防止を第一に考えた結果とはいえ、皆様の心境を思うだけで、スタッフ一同、胸が塞がれる思いです。それは、さゆりさんとて同じです。皆様のご海容に、心より感謝申し上げます。

 なかでも富良野スペシャルイベント in 富良野演劇工場(7月開催予定⇒来年へ延期決定)は毎年恒例のファンクラブの集いを兼ねた特別なイベントとなるはずでしたので、ファンクラブの皆様の落胆の様子は痛いほど伝わってまいりました。

 とはいえ。「どんな状況にあっても、できないことを嘆くより、できうる限り、最善を尽くす」がモットーのさゆりさんですから。「来年まで待てない」というファンの期待に応えるべく、「密を考慮し、開放感あふれる会場で、ちょっとした旅行気分が味わえる」会場を今年の9月に確保することができました。ヒントは♪高原へいらっしゃ~い♪です。

 詳細が決まり次第、再度お知らせしますが、まずはさゆりさんから「ファンの皆に朗報だよ!」の思いを届けるべく、「今年もファンクラブの集いをやりますよ」のお知らせまで。

「粋〜Iki〜」の音楽と映像と

ジャケットデザインのビジュアルプロデュースや、最新曲「しあわせに・なりたいね」の作曲を担当された、クリエイター・箭内道彦さんが教授を務めていらっしゃる、東京藝術大学美術学部デザイン科大学院「箭内道彦研究室」に所属する大学院生の皆さんが、アルバム「粋〜Iki〜」に収録された楽曲を題材に、映像を付ける課題に取り組まれました。

Design Alternative研究室(YouTubeチャンネル)
https://www.youtube.com/channel/UC38FyfFddtUIemjzfyiwmtA

小唄・端唄・俗曲と、元歌を知らない世代の皆さんが、イメージを膨らませ、創造されたいずれも興味深い作品です。

お家でライブ その2

初回のアップデートから、大変お待たせ致しました。

お待ちかねの第二弾は、音楽仲間の﨑久保さん(Pf)と、映り込んでいた猫ちゃんが大人気だった千代さん(Gt)のお二人に参加頂きました。どうぞお楽しみください。





バックナンバー


ページトップ