2020年3月のバックナンバー

3月25日デビュー記念日は「しあわせに・なりたいね」

126枚目のシングル「しあわせに・なりたいね」のリリース日となりました。
その日は、さゆりさんのデビュー記念日。
各局で番組出演・取材です。

東京の空は雲一つなく青い空。
殺伐としたニュースが飛び交う中、そして大変な時の中、
すうっと心に入ってくるような、優しい光が見えるような一曲です。


「しあわせになろうよ」でも、「〜なれるよ」でもなく、
「しあわせに・・・・」その言葉の先に何が続くのか、みんながどういう風に感じてくれるか「・」の部分でみんな深呼吸して考えてほしい。
番組で聞かれ「・」(中黒)の意味についての答えが印象的でした。

ぜひ、ご一聴してみてください。

20200325a.jpg20200325b.jpg

*126枚目シングル、『しあわせに・なりたいね』間もなく発売!

 来る、3月25日(水)はデビューから48年目の記念日。そんな節目の日に、126枚目のシングル、『しあわせに・なりたいね』(作詞 Kinuyo/作曲 箭内道彦/編曲 佐橋佳幸)をリリース致します。

新しい顔ぶれで生まれた新曲ですが、「作詞Kinuyo」というクレジットを見るや否や、「もしや?」と思われたファンも多いはず。さゆりさん曰く、「私がみつけた新進気鋭のソングライター」とのこと。そう言われて深読みするは野暮というもの。皆さんのお手元に届く日まで、どうぞお楽しみに!
作曲はこれまで『花が咲いている』、『民~Tami~』、『粋~Iki~』にてビジュアルプロデューサーを務めてくだってきた箭内道彦さんが、編曲はギタリストであり、音楽プロデューサーでもある佐橋佳幸さんが手掛けてくださいました。

毎日気が滅入るニュースばかりで、心がささくれがちな毎日の中で、気づけばため息ばかり、という人、終わらない自分探しに迷子になっている人、忙しすぎて自分を忘れている人、特におススメです。
どんなに疲れていても、どんなに凹んでいても、さゆりさんの歌声を聞いているうちに、ふと顔をあげて前を向いている。いつの間にか優しい気もちに包まれている。そんな心の「薬箱」のような仕上がりの一曲です。一家に一枚。ぜひ、常備を。
126 しあわせに・なりたいね.jpg

バックナンバー


ページトップ