ニュース

*世界にひとつだけの陶器 誕生秘話 #さゆりこぼれ話21

 発売からたった2時間で完売! さゆりさんからも思わず、嬉しい悲鳴があがりました。さゆりさんお手製、世界にたったひとつしかない陶器。

 これらは陶芸作家の吉田るみこさんとのコラボレーションによってひとつひとつ丁寧な手作業によって生み出されたものでした。

 吉田さんは錦山窯四代目吉田幸央氏のご夫人でもある方です。

 「由緒正しき窯元で伝統的な九谷焼を継承されながら、新しい風を感じさせる吉田さんの作品に心魅かれた」さゆりさんは自ら、吉田さんへオファーした結果、素敵なコラボレーションが叶いました。

 器の中で縦横無尽に舞う金の粒子や抽象的なデザインが個性的な吉田さんの作品。 音の響きをあてはめたユニークな作品目がついていることもさゆりさんの琴線に触れたのかもしれません。ふたりのコラボは錦山窯四代目吉田幸央氏曰く、

 「出逢いがしらのごっつんこ」。両者の個性のぶつかり具合が絶妙だったとのこと。

 制作中、「さゆりさんはいつも思いもよらないことをするのでいい刺激になった」と言うのは、るみこさんの弁。

 ここでるみこさんの言葉をお借りしますと、作品は作家だけでは完成しないのだとか。

 「手に取ってくれた方がそれぞれの思いを馳せてくれることで作品は完成する」そう。

 さゆりさんとるみこさんの「いまの気持ち」が込められた作品たち。

 お求めくださったみなさま。ぜひとも普段使いなさって、ふたりの息づかい、それぞれの思いを感じとっていただけたら幸いです。   

バックナンバー


ページトップ