ニュース

『カラオケJOYSOUND』 エヴァンジェリスタ活動後記

 3月4日(日)都内某所にて『カラオケJOYSOUND』の新機種体験イベントが開催されました。約2000人の応募者の中からご当選された6組の皆様によるカラオケバトルが繰り広げられ、楽しいひとときを過ごしました。

  さゆりさんは自身のカラオケ体験については過去の点数があまり芳しくなかったことを披露しながら「歌い手の名誉にかけて(点数は)言えないですね」と報道陣の笑いを誘っていましたが、「盛り上げ隊なら自信がある。満点を超えられる」とも。『波止場しぐれ』の作曲家、岡千秋さんも駆けつけて下さり、終始温かいコメントやアドバイスを送ってくださいました。会場には若いさゆりファンの皆さん姿も目立ちました。

「いつも応援してくださっているファンの皆さんが自分の歌をどんなふうに楽しんでくださっているのか」それを目近で体験できて、さゆりさんもとってもうれしそうでした。最後に。「歌は点数じゃありませんよ」とさゆりさんから心のこもったアドバイスがありましたので、ここに共有致します。

「私が若い頃、お稽古時代の秘訣として。まず最初は大きな声で譜面の音符に忠実に歌うこと。これがいちばん最初。その次に。私は、目をつぶって映画をたくさん聞きました。すると言葉のもつ吐息、息と声の塩梅といいますか。人は悲しい時やうれしい時にどんな声を出すんだろうというのが分かるんです。それを歌に取り入れていただけたら、人の血が騒ぐ、肉のある歌になるんじゃないかな」

バックナンバー


ページトップ