2017年9月のバックナンバー

平泉公演について

世界遺産劇場Extraー平泉ー45周年記念石川さゆり公演にお越し頂く皆様へ

台風18号の影響で開催が危ぶまれておりましたが、
晴れました。
hiraizumi.jpg

















予定通り開催予定です。

現在、風で倒されたテントなど、スタッフ総出で整備しており、
皆さんのお越しをお待ちしております。

大きな被害が出ている地域もあるようです。
又、北海道の皆さんはこれから上陸のようです。

ご来場頂く際には、くれぐれもお気をつけてお越し下さい。

平泉公演へお越しの皆様へ

ただいま台風情報が出ておりますが、現在開催に向け準備を致しております。
万が一、中止せざるをおえない場合におきましては、
当日の正午にSAPならびにノースロード・ミュージックのホームページ、
並びにチケットに記載の自動音声案内0180-99-1192におきましてもご案内い
たします。

ご来場頂く皆様、今後の台風情報に十分注意し、お気をつけてお越し下さい。

SAP HP
http://www.sap-co.jp/category/news

ノースロード・ミュージックHP
http://www.north-road.co.jp

着物からドレス。ドレスから着物へ。 #さゆりこぼれ話 #10

 45周年記念コンサートも折り返し地点。さゆりさんの着物姿&ドレス姿を毎回楽しみにしてくださる方、多いのではないですか?さて、ここで質問です。着物からドレスへ。ドレスから着物へ。着物から着物へ。毎度おなじみのさゆりさん名物「早着替え」ですが、一体、どれくらいの所要時間なのか、計ったことはありますか?

 無粋ながら本人に尋ねたところ「秒数は内緒だけど、早着替えのリハーサルは想定時間内に収まるまで何度でも、出来るまで、やりますよ」と満面の笑み。スタイリストさん、ヘアメイクさん総出で、毎回へとへとになるまで続くといいます。そんな「へとへとのさゆりさん」を想像すると、いつもの艶姿も、また違って見えてくるかもしれません?! 舞台裏の苦労話をするのは野暮天のすることゆえ、これ以上は内緒ですが、まさに神業の早着替えです。果たして、所要時間は一体何分なのか。

答えは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・会場で!


世界遺産劇場 Extraー平泉ー石川さゆり45周年記念公演

岩手県平泉町 観自在王院跡 野外特設ステージ

2017年9月18日(月・祝) 開場 15:30 開演 16:00

ほんとうのこと 

クロスⅢジャケット.jpg 『X-CrossⅢ-』アルバム発売から早1ヶ月。音楽雑誌をはじめ、ウェブなどで各楽曲に関する温かいレビューを多数ご紹介いただいております。ありがとうございます。

 楽曲の多彩なバリエーションに加え、矢野顕子さん、細野晴臣さん、大江千里さんなどベテラン勢が紡ぎ出す「その人」独特の持ち味まで見事に「さゆり節」に変えてしまう。その歌唱力に注目してくださる記事が多いのは、まさに歌い手冥利に尽きるというもの。

こうしたレビューの類ではなかなかお目えしないのですが、ファンにはお馴染みの名曲、「ほんとうのこと」をご紹介したいと思います。

 クレジットに記された「里花さん」というお名前でピンとくる方はかなりの音楽通のはず。里花さんはMISIAさんなどに楽曲提供をされるシンガーソングライターですが、知る人ぞ知る存在。

 サン=テグジュペリ『星の王子様』の中に『ものごとはね、心で見なくてはよく見えない。いちばんたいせつなことは、目に見えない」という有名な言葉が登場しますが、こちらはご存知の方が多いのではないですか。

「ほんとうのこと」は、まさにそんなたいせつなことを問いかける素敵な曲。

 最近、キナ臭いニュースが多くなってきました。さゆり日記をご愛読くださるファンの皆さんはお気づきのように、さゆりさんは世界中のニュースにとても敏感です。

    「各々がしっかりと自分たちの判断と意識を持たなければいけない時代。

     音楽は、そんな自立への時代の中で皆の心に寄りそうもの」

 TOWER RECORDSのポスターに掲げられているさゆりさんの言葉が示すように、私達もしっかりと心の目を持って「ほんとうのこと」を見極めていきたいものですね。

高原へいらっしゃ~い♪ 矢野顕子×石川さゆりが贈る、奇跡の2夜!

朝晩の風がすっかり秋めいてきた今日この頃ですが、週末の高原でどんな風を
感じられるのかといまから楽しみのファンも多いはず。
八ヶ岳高原音楽堂~サロンコンサート~にお越しになるファンの皆様へぜひとも
特別な夜をお贈りしたいと只今、絶賛全力疾走のさゆりさんです。
矢野顕子さんとは連日、時差をやりくりしながらSKYPEでの打ち合わせをしつ
つ、スタッフミーティング&衣装合わせの打ち合わせ諸々を同時進行。

公表できないのが残念ですが、「え? あの曲やるの?!」と驚くような珠玉
のセットリストが飛び出したり、矢野さんの「「着物は着たいわね」の一声を
受け、さゆりさんが色違いの着物を探してみたり。毎日大忙しの模様。
「45周年はこれまでとは何か違うことをしたい」「これまで以上にファンのみ
なさまにもっとぐっと近づける場所から歌をお届けしたい」

標高1500M、わずか250席の天空の音楽堂でのサロンコンサートはさゆりさん
のこんな願いがつまった、またとないひとときになること間違いありません。

さゆりさん曰く、矢野さんは「とにかく好奇心旺盛なひと。」
あらゆることに興味のアンテナを張り巡らせ、とにかくいったん、咀嚼してみ
る。その吸収力のすごさにいつも刺激を受けるのだとか。

そんなふたりは気心、歌心通う旧知の間柄。ニューヨークで一緒にイチロー選
手を応援したり、互いの自宅に招き合ったり。

美味しいごはんに目がないことも、たいせつな共通点かもしれません。息の合
ったふたりから、どんな奇跡のセッションが飛び出すのやら。乞うご期待。

みなさま、くれぐれもお気をつけてお越しくださいませ。

*標高1500M、わずか250席の天空の音楽堂 八ヶ岳高原音楽堂~サロンコンサート~
矢野顕子×石川さゆりが贈る、奇跡の2夜! 
《開催日》 9月9日(土) ・ 9月10日(日) 《会 場》長野県 八ヶ岳高原音楽堂

バックナンバー


ページトップ