2017年8月のバックナンバー

来る9/3(日)、『関ジャム 完全燃SHOW』 に出演します!

2017年9月 3日(日)テレビ朝日系列 「関ジャム 完全燃SHOW」
(23:10~24:05放送予定)にさゆりさんが出演致します。

関ジャ二∞バンド演奏共演となる『津軽海峡・冬景色』のジャム
セッションは必見!
 さらに! さゆりさんの「プロデュース能力」と「心に響く歌
声の徹底解剖」と題したトークJAMもこれまた見逃せません。

『X-Cross-』で名だたるアーティストとのコラボを実現させてき
た敏腕プロデューサーぶりを余すところなくご覧いただけるはず!
 お見逃しなく!
20170903.jpg






















2017年9月 3日(日)23:10~24:05放送予定 
テレビ朝日系列 「関ジャム 完全燃SHOW」詳細はこちらから

来る9/2(土)、『朝だ!生です旅サラダ』に出演します!

20170902b.jpg






















黒子です
先週、ご相伴に預かり、よかとこに旅してきました。

さゆりさん自身、初?となる天草への旅。
豊かな自然と、温かい人たち、そして・・・美味しゅうございました。
20170902a.jpg













2017年9月2日(土)08:00~09:30放送予定
朝日放送系列「朝だ!生です旅サラダ」詳細はこちら

熊本市復興元年特命大使

八月、記録的な曇天が続く東京を飛び立ち、向かった先は夏空の熊本市。
「熊本市復興元年特命大使」の委嘱状交付式出席のため、熊本市庁舎に
伺いました。
kumamotoa.jpg






















数千人の皆さんが一斉に「お帰りなさい!」と応えてくれた、さゆりさ
んのデビュー記念日、3月25日に行われた熊本城二の丸広場でのイベ
ントで大西市長とご一緒してから出ていたお話。震災以降、熊本市だけ
でなく、県内至る所で風評被害も多々出ていましたと市長から伺うと、
風光明媚、美味しい食もあり、歴史的にも重要なこの熊本を、全国の皆
さんにお伝えし、お越し頂きたいと語ったさゆりさん。


交付式を終えると、熊本城へ。
kumamoto0820b.jpg






















熊本市が制作するポスターの撮影です。
猛暑の中、さゆりさんに気づいた観光客の皆さんにも気さくに声を掛け
ながら撮影は進んだんですが・・・

やはり、この場所に来ると・・・
kumamoto0820c.jpg






















傷ついた「熊本」

でも、復興元年!

ここからです!さゆりさんも共に。

自分へのご褒美 #さゆりこぼれ話 #9

 先日、スタッフの引っ越し祝いを探しに、久しぶりに某百貨店にショッピングに出かけたさゆりさん。「誰かのために、という口実がないと、なかなかデパートにもでかけられませんからね」と言い訳(?)しながら、ひとり暮らしをはじめたスタッフのために、「おひとりさま用」の鍋やフライパンややかんを物色中。何やら、ちゃっかり(?)「自分へのご褒美」も購入した模様。なんだと思いますか?

 答えはいま流行りのソーダメーカー。そうです、自宅で簡単に炭酸水が作れると世界中で人気の、アレです。ハイボールはもちろんですが、いまの気分はやっぱり〝ワイン"なのだとか。「これで、スパークリングワインを作るのが、目下の楽しみ」と、うれしそうなさゆりさん。最近、目が回るほど忙しいさゆりさんですから、(仕事が) ♪いっぱいありすぎて 休憩が必要なの~  という心境なのかも?!

 BGMはもちろん、『X-CrossⅢ‐』大江千里さんとのコラボ曲、『ワインを選んで』。「さあさ、今日は飲みましょ♪」そのひと時が、何よりの自分へのご褒美に違いありません。


本日8/4(金)『東京五輪音頭-2020-』正式お披露目!

 2020年の東京オリンピック・パラリンピックへのカウントダウンから、
ちょうど3年目にあたる7月24日。『東京五輪音頭』のリメーク版を加山雄三
さん、竹原ピストルさん、そして我らが姫様、石川さゆりさんが歌うことが
決定!というニュースが皆さんのお耳に届いたと思います。今日は、その正
式お披露目。
PV映像や盆踊りの振り付けなども併せて披露されるので、ぜひ、チェックを♪

本日より公式サイトにてMVを視聴できます。

石川さゆり オフィシャルウェブサイトにて先のニュース(5/13付)でも
お伝えしましたが、只今、さゆりさんは「オリンピックで日本を訪れる海外の
お客様に「お土産」として持ち帰ってもらえるような」日本の歌がつまったオ
リジナルアルバムを制作中。1964年に開催された東京オリンピックを振り返り
ながら、「子どもの頃、ブラウン管越しの映像といっしょに写真を撮りました」
そんな思い出を胸に、何かできることはないかとレコーディングを進めていた
矢先、今回の『東京五輪音頭-2020-』のお話をいただきました。「日本の素敵
な歌や文化が海外のみなさまに届きますように」そんな気持ちを込めて発信し
たいそう。ご期待ください。

tokyo2020.jpg









バックナンバー


ページトップ