ニュース

獅子舞と、浜甚句と、未来と。

黒子です。
仙台駅で下車すると、いくつもの思い出がよみがえってきます。
この地をベースキャンプに、各地を廻った夏、
一カ所ごとにその土地の皆さんと仲良くなり、伺った方が逆に
元気を持ち帰ることが多かった2011年からの東北での思い出。


本日、2年半ぶりの仙台公演に、
大曲浜獅子舞保存会の皆さんが大挙駆けつけてくれました。
当時、保存会の会長を努めていた方から、今春に変わった、新
会長たちを紹介され、時の経過を改めて感じると共に、3代前、
先代、現在の会長さんと、広い世代でのつながりが、本当に嬉
しく感じました。

再会時には、お互いに軽い話で盛り上がる中、イザ開演時間と
なると・・・
正装の皆さんはキリッ!
ダイナミックな笛、太鼓、舞い。
そして伸びのある声で味を出している長老こと、新ちゃんの
「浜甚句」、皆さん変わらない笑顔です。

さゆりさんの40周年からお付き合い頂いている大曲浜獅子
舞保存会の皆さん、
次回、またどこかで、みんなで元気にお会いしましょう。
本当に有難うございました。


追記
獅子舞保存会に、有望株の新入部員も入ったようです。
さゆりさんから、将来の夢を聞かれたはるき君は一言、
「ししまいのかいちょー」

恐らく5代くらい後の頼もしい後継者です。
0624.jpg

バックナンバー


ページトップ