ニュース

水俣へ

1978年
胎児性水俣病患者の皆さんが丁度成人を迎えられ、
ご自身たちの成人の証に、石川さゆりコンサートを
企画・運営されたと、以前より、さゆりさんから伺
っておりました。

それから何年も経ち、それぞれが明日へ向い、現在
の生活を精一杯行っていた中、当時の記録映画が上
映されると、さゆりさん一人で、フラリと水俣へ行
かれたこともあるそうです。

事務所に突然頂いた、お電話から再び動きました。
今から3年ほど前でしょうか。
当時「若い患者の会」の皆さんが還暦を迎えられる
2017年、もう一度石川さゆりコンサートを水俣
で開催したいと。

2015年9月、博多座公演中のさゆりさんに会い
に来て下さいました。
会の名称も「若かった患者の会」として、コンサー
ト実現へ向け、一所懸命に頑張ってますと。

今週、2月11日、さゆりさんは再び水俣の舞台に
立ちます。
昼は早々に完売、夜の部もあと数席と数日前に伺い
ました。
皆さんが準備してくれた満席の水俣市文化会館です。

コンサート当日まで3日と数時間。
皆さんの今までの頑張りに、きっと、さゆりさんが
最高のステージで応えてくれます。
そして、我々黒子たちも、気を引き締めて伺わせて
頂きます。
皆が最高の笑顔でお会いできますように。

バックナンバー


ページトップ