ニュース

『桜夜』聴いて頂けましたか?

新曲『桜夜』   

 

『いいメロディーが天から降ってきた。あなたに歌って欲しい。 』と今年3月に闘病中の三木たかし先生からメールを受け取りました。

 

間もなくデモテープが届き、三木先生がギターを爪弾いて奏でたメロディーを聴いた時、 「もう、涙が出て、止まりませんでした。 病気と必死で闘われていた先生の魂の嘆きが込められた音を聴き、 うしようもない思いに駆られました。 」

 

作詞をさだまさしさんに依頼することを先生に告げると 「とっても嬉しい。これで安心して治療に専念できる。 」先生からのメールが届きました。

 

 しかし、今年5月、 この楽曲の完成を前に三木先生は旅立たれました。 さゆりさんはレコーディングが終わった足で三木先生のお宅に向かいました。

「先生に、真っ先に聴いていただきたかったんです。 」

 

歌は、作詞・作曲の先生からのラブレー。 この曲は三木先生からの最後のラブレターなんです。

 

先生は常々 『歌は限りなく探してゆくものなんだよ。 心が震えるような歌を歌って』 とおっしゃっていました。この言葉を胸に、 これからも『桜夜』を大切に大切に歌い続けて行きたいと思います。

バックナンバー


ページトップ