追悼 石牟礼道子さん

石牟礼道子さん死去のニュースを新聞で知りました。

水俣の美しい海やその後の水俣病患者の皆さんの苦しみに寄り添い、小説など出筆を通して社会に訴え続けていらっしゃつた石牟礼さん。

人は自分の困難からは逃げることはできないけど。自分の身の上に降りかかっていなくても、こんなに心を通わせ我が身のように苦しみを訴え続けられて来ました。私が生まれる前1956年からこんなにも長きにもわたってです。

石牟礼さんが言い続けていらっしゃった伝えたかった事をもう一度考えてみたいと思いました。

昨年、久しぶりにお会いした水俣病患者の皆さんも、歳を重ねられました。皆さんのことを忘れず、高度成長に夢中に走った日本の誤ちを二度と繰り返すことがないよう。石牟礼さんの一生を捧げ訴えつずけられた事を忘れないようにしなければとおもいます。

新聞の記事に載った石牟礼さんの微笑のお写真は優しいだけではない、世の中に、忘れずに知ってほしいと願う思いを感じるお顔です。

心からご冥福をお祈り致します。

石川さゆり

足湯でほっこりと (^^♪

IMG_3329.jpg毎日寒い日が続きます。TVのニュースでは日本中が雪景色 。先週の東京の大雪の時は名古屋で公演中でしたので、わぁ~雪景色見たかったなあー! なんて呑気なことを言っていましたが、積もった雪が寒い日に溶けずに残り、ツルツル滑る家の周り。ペンギン歩きで注意して歩かないと! (>_<)

今日もニュースは雪とお相撲の話がいっぱいです。

只今、石川は昨年から続いた周年リサイタル、年末、新春公演を終えて3日ほど温泉に来ております。久しぶりのゆっくり、まったぁ~りした時間です。何度も露天風呂に入ったり、足湯に浸かりながら日記を書いています。(^^♪

いつも、大きな声援、心の籠った応援をありがとうございます。ぼんやり、ゆったりとした幸せな時間の中でそんなことを思います。東京に帰ったら、また元気にシャッキリいたします。

石川さゆり

クールダウン

中日劇場の公演も無事に幕を下ろし家に帰ってきました。遅ればせながら沢山のお客様にお越し頂きありがとうございました。

さて、長期公演の後は暫し休養を取って心身共にクールダウンをします。まあスポーツ選手のようなものです。ところが今年は本当に寒い日が続きます。クールダウンどころか凍えるような毎日です。東京の雪も日陰では解けずに1週間になります。皆さんお元気にお過ごしでしょうか?

東京の最低気温、氷点下がこんなに続くのは50年ぶりだとかニュースで聞きます。50年前の東京は知りませんが、50年前を知っている自分がちょっと (^-^)

でも昔の子供たちは元気でしたね。霜柱の道を通学し、近所の池は凍っていました。霜焼けや鼻水の姿で元気に遊んでいたものです。

着る物も今ほど優れていなかったから、体に感じる気温はもっと寒かったと記憶しています。

テレビでは「明日は寒いからダウンのコートが必要です」などと事も無げに言うけれど、ダウンのコートを持っているのがスタンダードなのだろうかと少し複雑な思いです。

何れにせよもうすぐ節分。子供たちもお年寄りも皆さん寒さに負けず、お元気でお過ごしください。

石川さゆり

恭賀新年

新年明けましておめでとうございます。

旧年中は皆様の温かいご声援に励まされ力いっぱい走ることができました。心より御礼申し上げます。

紅白歌合戦の「津軽海峡・冬景色」お楽しみいただけたでしょうか。長く皆様に愛される楽曲を持てたこと、歌手冥利に尽きると感謝しております。

のんびりする間もなく名古屋に入りました。4日からの中日劇場「石川さゆり新春特別公演」の幕が開けます。今年も元気に歌います。

今年が皆様にとって平和でより良い年になりますよう祈念いたします。

石川さゆり

大晦日を力いっぱい歌い納めます

第68回NHK紅白歌合戦の歌唱曲と曲順が発表になりました。

おかげさまで歌手デビュー45周年の大晦日は紅組のトリで歌い納めます。

脇目も振らず歌い走ってきたこの一年、多くの皆様から頂いた温かいご声援と拍手を胸に、2017年の「津軽海峡・冬景色」を力いっぱい歌いたいと思います。

石川さゆり

バックナンバー


ページトップ