吉岡 治さんを偲ぶ

菖蒲.jpg皐月晴れの爽やかな日に今年はなかなか会えませんね。あっ!という間に5月も半分過ぎました。5月17日今日はふと色々なことを思いました。

2010年5月17日
「天城越え」をはじめ「波止場しぐれ」「大阪つばめ」「滝の白糸」「酔って候」「飢餓海峡」...書ききれない、100曲を越え、私に素晴らしい日本の心を作詞して下さいました吉岡治が亡くなられた日です。

仕事先からご自宅へ伺った時の事、あれこれと思い出します。
お坊さまが来てくださってお経をあげてくださった時、やり場のない悲しさと寂しさいろんな思いが無い混ぜになって、流暢に流れるようなお経にまで苛立ち、お坊さまにまで「普通な通りいっぺんのお経を上げないでください。大切な吉岡さんです。心を込めて下さい。」と言ってしまい、奥様に「お坊さんに説教する人なんていませんよ。」と叱られたのを思い出しました。

今年は13回忌なのだと思いますが、コロナ禍もあるのでしょうか皆んなで集まり吉岡治さんを語りながら偲ぶ事も出来ませんでした。吉岡治さんの詞には日本人の心の機微、優しさや汗の匂いもします。私のいろいろな日を一緒に喜んで下さったり、見守って下さいました。今どんな歌を歌いなさいとおっしゃったでしょう...と思いながら一人で手を合わせました。

これからも、吉岡治さんに頂いた歌を大切に歌います。もうコロナ禍を越え、ステージも、もっと皆さんに歌を届けに行きたいと思いますが

「そんなに、思うようにはいかないよ。」と笑った吉岡さんのお顔を思い出します。
どうぞ空のずーっと高いところから見ていて下さいね。

石川さゆり

カブトムシが生まれました!

テレビでゴールデンウィークの映像が流れています。

コロナ禍になって3年目、マスク生活はつづいていますが、ステイホームも蔓延防止もない休日に、どこも人出はいっぱいで日常が戻って来たかのようです。

私の休日は静かに、壮大に流れています。

連休でないと3回目ワクチンも仕事に影響してはと思い、ワクチン接種を受けました。

1回、2回までは、チクンと注射に、腕痛いといった感じでしたが3回めは疲れていたのかなぁ〜今までとは違って熱と、寒気、身体中が痛いと私には実に珍しく、ベッドでごろりごろりと過ごしました。

カブトムシ1

今日は凄い事が...

夕食を済ませて、夜も23時を過ぎた頃、娘の「凄いよ!」の声に行ってみると、昨年夏トマトや茄子、ピーマンを植えていた畑で見つけたイモムシのようだったカブトムシの幼虫が、冬の間カブトムシ育成マットの中でムクムクと育って

ジャジャ〜ン★★♡(^^♪ 成虫になり土の中から出て来たー! ガンバレ〜 (*'▽')

4匹いた幼虫が3匹まだ柔らかい白い羽で一生懸命に成虫になろうとしています。

少し早く出てきたカブトムシムシはカブトムシらしく茶色になっています。

明日は子供の日、只今0時を越えカブトムシも生まれる日を決めていたようにスゴイです! \(^o^)/

無事にカブトムシさん(女の子らしい)おめでとう!!!!!

すごく嬉しいゴールデンウィークです。(^o^)/❤

カブトムシ2

石川さゆり

熊本からスタートしました

菜の花.JPGふるさと、熊本城ホールより石川さゆり50周年コンサートをスタート致しました。

会場に大勢のお客様がお越し頂き、今まだマスクをして声を出しての応援は出来ませんが、大きな拍手と50周年おめでとう㊗️と書いて心からの応援をいっぱいいただきました。

ファンクラブ後援会の皆さんも、長く応援して下さってもう皆さんよくよく知るお顔が大勢です。北海道、東京、名古屋、大阪、京都、他にもそれぞれの県から熊本まで、50周年のスタートを祝いご覧下さいました。

熊本は昨日今日とお天気も良くイッキに熊本城の桜も咲き、故郷にもよくここまで歌ってきたね! と花まるをいただいているように嬉しく、周年のスタートに感謝といっしょに、困難な昨今のご時世に皆さんの心に届ける歌を歌いたいと思いました。

今回は何十年ぶりでしょう...母も一緒に熊本へ帰ってコンサートを見てくれました。

終演後一泊し、母と熊本に残り宿に帰ってすごしています。

母が「今日は、よかったねぇ。ほんとうにしあわせ・幸せ」と言ってくれ、

身体の中が、感謝としあわせ、そして優しい気持ちがいっぱいになりました。

皆さんほんとうに、ありがとうございます。そしてこの一年を元気に歌います。

よろしくお願いいたします。

熊本は菜の花の黄色が色鮮やかです。

石川さゆりがデビューした日を思い出します。

石川さゆり

東北の皆さんが心配です

東北、宮城県、福島県震度6強の地震!ニュースを見て心配しています。東京も強い揺れを感じました。

2011年のあの大震災より交流を重ねる皆さん心配で、仙台の方にお電話をしました。あの時と同じくらいの揺れに感じた恐ろしかった!とおっしゃっていました。

夜の大きな揺れに、皆さんもあの大震災を思い出されたのだろうと心配しています。


16日、東松島の獅子舞保存会の伊藤さんの訃報がありました。皆んなを元気づけ、復興を頑張っていらっしゃったのに・・・。

先週NHK「うたコン」で皆んなの「浜唄」歌うから見ていてねと電話で話したばかりなのに、悲しいです。心よりご冥福をお祈りします。

また、大きな揺れが来ませんように、大きな被害がありませんようにと心配しています。

石川さゆり

東日本大震災から11年になりました

3月11日、東日本大震災から11年になります。

私は当時の強い記憶があり、いつも心のどこかにあるから過去の出来事ではなく、ついこの前のことのような不思議な感情があります。

まだ40,000人近い方が避難生活を余儀なくされていると聞きます。巨大な防潮堤や土地のかさ上げなどで、故郷の懐かしい景色も変わってしまったと聞きます。新しいところで生活を始めた方も、皆さん11年を苦労されてきたのだと思います。

先日NHKで「浜歌」を歌いました。この歌には特別な思いがあります。震災の被害から立ち直っていただきたいという願いもあります。皆さんと心を繋いでいたいという願いです。大切にして行きたいと思います。

風化させることのできない記憶です。

石川さゆり

 

バックナンバー


ページトップ