さゆり日記

悲しい知らせ

作詞家の喜多條忠さんの耳を疑う訃報が届きました。

あまりにも信じられないお知らせです。

吉岡治さんが2010年に亡くなられる少し前に、「喜多條さん これから石川さゆりのこと僕の後よろしくお願いしますよ。」といわれたんですよ。と話を聞いたのを思います。

病いとの闘いになってからも、手術の当日、朝早くに電話をいただき「今日は凄く気分が良いのでがんばります。」とおっしゃった声も、しばらくぶりに電話でお声を聞いた時も「何度もあぶなくなったんだけど頑張ったんだよ!あの美味しい海苔の煎餅食べたいな」と聞いた声も、先月、24日のお誕生日におめでとうございます。とご連絡すると、年内にお会いしましょう。歌を作りましょう、そんな会話をしたのに...

なんとも、無常感です。

吉岡治さんや なかにし礼さんとまた歌談議をなさるのでしょうか...

どうぞこれからも、見ていて下さいませ。ご冥福をお祈りします。

石川さゆり

バックナンバー


ページトップ