さゆり日記

そしてまた熊本から始まる

1973年3月25日(日) 作詞山上路夫 作曲猪俣公章 「かくれんぼ」でデビューし45年が過ぎて2018年3月25日(日)故郷の熊本の市民会館でコンサートをお届けしました。色々な月日を過ごして来たものだと感謝と、重ねる日々に幸せを感じました。

幕が開き緞帳が上がった瞬間、客席から「さゆりちゃん、お帰り〜」と大きな声が聞こえました。一曲めから、うっ!と涙こみ上げどうしようと思いました。

180327_01.jpg 180327_02.jpg

熊本城の桜も例年より少し早く、満開です。

お城は頭に手ぬぐいでも載せた様でただいま療養中!といった感じにまだまだ復旧中です。その周りを見事な桜が咲き誇っています。

一日も早くあの美しくシャンとそびえる熊本城に戻りますようにと願いそして新たに46年のスタートです。

故郷の皆さんも一緒に大合唱で歌って下さったり、大きなご声援にデビューの日を思い返したり、月日が流れた今日を嬉しく思ったり。

水俣から、遠い道のりを胎児性水俣病患者の皆さんも来て下さいました。

嬉しかったです。

皆さん、同じ頃に熊本で生まれ一生懸命に毎日を過ごしてきました。今は40年来の友人のようです。

感謝とこころを込めて歌いたい。と自分の中に新たに思った日でした。

石川さゆり

バックナンバー


ページトップ