さゆり日記

熊本 ここから始まった

IMG_1911.JPGタイムマシーンに乗って時空を昭和48年3月25日に戻します。

日曜日です。熊本は晴天! 故郷熊本の水前寺体育館の2000名を超える大勢の皆さんに、「こんにちは! 3月25日、今日『かくれんぼ』でデビューした石川さゆりです。一生懸命頑張ります。よろしくお願いしまーす!」 白い帽子をかぶり大きな声で、夢と希望いっぱいにペコリと頭を下げ、「おーもいだします ♪ かくれんぼ ♪」と歌っている15歳の少女がいます。

あれから季節が10、20、30、40・・・。そして、めぐって45周年です。

先月、水俣のみなさんに会うために熊本に帰郷した時に、地震で瓦も石垣も崩れ、それでも懸命に建っている熊本城を見て、45周年の始まり3月25日はこの熊本城で歌いたい。ありがとうの思いと熊本の震災からの復興願いを込めて歌いたいと思いました。

2017年3月25日、土曜日の熊本城 二の丸広場でギタリストの千代さん、タロマさん、アコーディオンの桑山さんの特別編成でライブを行いました。
デビューしたあの日、そこから海とも山とも行く末のわからなかった私に「がんばってー!」と言って下さった熊本の皆さんから、今日は「お帰りなさーい!」と声が掛かりました。
二の丸にはお城に向かってステージが組まれています。ステージに立ち、皆さんの後ろに痛々しく傷ついても、なお堂々と建つ天守閣に向かって歌いました。

スタートです。熊本の皆さんもまだまだ大変な日々をお過ごしです。どうぞお元気にお過ごしください。

先月水俣で再開した「若かった患者の会」の皆さんからも「駆けつけたかったのですが、周りの条件がゆるしません。おめでとうございます」とお花が届きました。皆さんもどうぞ元気でお過ごしください。

明日はNHKのど自慢。生放送、早く寝なければと思いながら、嬉しい今日、そして今年のあれこれを思い目が冴えています。
どうぞ本日リリースの120枚目の「百年の抱擁」もお聴きくださいませ。

いつも応援して下さる皆様、ありがとうございます。そしてこれからも沢山の思い出を作れるよう励み歌います。一層のご声援をよろしくお願いいたします。

石川さゆり



バックナンバー


ページトップ