さゆり日記

梅雨の悲喜こもごも

梅雨の季節です。

子供の頃は来る日も来る日もシトシトと雨が降って、紫陽花の花が濡れてカタツムリがその葉の上をノロリノロリと伝って進む姿を、長靴に赤や黄色の傘をさし、学校の帰りに見つけてじーっと眺めていたのを思い出します。

以前、私の付き人をやってくれていた なおちゃんが、大きな梅を10kg箱で送って来てくれました。そこで、私ではなく、この度は娘が梅酒、梅シロップと作っています。それに、梅ジャムです

バックナンバー


ページトップ