さゆり日記

博多座公演、ありがとうございました

博多座公演の千秋楽を無事終えました。
連日多くのお客様にお越し頂き、博多座より大入りも頂きました。

新月の月に幕を開け、スーパームーンで終演というのは本当に舞台が満ちて

行った感じがします。役者さんも勿論音楽仲間もスタッフの皆さんも全ての人が

毎日の舞台に一つになり素敵なチームワークでした。楽しく刺激的でした。

博多の皆さんともいっぱいお知り合いになりました。

博多人形師 小島与一さんの孫弟子、武吉國明さんにも博多人形のことや

博多おはじきの事など素敵な博多文化を教えて頂き、ありがとうございました。

一夜明けて、昨日までの劇場で皆と舞台を作る日々から東京へ戻り、

それぞれ、また次なるエンターテイメントに向かい、喜びと淋しさのポヤ~ンとした朝でした。

昼から先日、博多座までお越し下さった志の輔さんの赤坂らくご

中村仲蔵に行きました。ご覧頂く舞台の身から客席にて拝見する身に・・・。

いろいろな事を感じました。

今回も勿論、志の輔さんの公演、すばらしかったです。

東京に戻るのに合わせて、

東北、宮城県大曲浜から今年もサンマが届きました。

ふっくらと身がつき脂ののった秋刀魚です。とても新鮮でお刺身でも美味しいです。

生姜と梅、醤油、砂糖みりんを入れ圧力鍋でも煮てみました。

なんと美味いのでしょう!
今年もありがとうございます。

6日ほどリフレッシュして新たにコンサートツアーも再開です。

10月はルパン三世のエンディングテーマ「ちゃんと言わなきゃ愛さない」も

スタートするし、レコーディングもあります。

まず、皆様へ博多座公演の感謝です。

そして、今日の私を日記しました。

石川さゆり

バックナンバー


ページトップ