2014年11月のバックナンバー

歌うことの幸せを思う師走

今日は久しぶりに家にいます。昨日からXmasディナーショーの音楽リハーサルが始まり、自習?覚えものをしようと思っています。

劇団桟敷童子の皆さんが遊びに来て午後から、さ~ストーブに火をつけて、稽古開始と思っていたら、レコード会社テイチクの社長から「今年も大晦日の紅白歌合戦までよろしくおねがいします。」とお電話を頂きました。毎年こうして紅白出演のご連絡をいただきます。

今年も後ひと月と少し...早いな...。しかし、今年もアルバム クロスを制作したり劇場公演、コンサートも大勢のお客様がお越しくださり、東北の皆さんともお会いしたり忙しくも楽しい出会いもいっぱい、ありました。

兎にも角にも、たくさんの応援 ご声援を頂きました。皆様にありがとうございますの御礼とご報告です。大晦日、何を歌い一年を歌い納めるのかNHKの皆さんとご相談しながらです。

皆さんに一年をホッと振り返りながらお楽しみ頂ける歌をパフォーマンスをと、ここから考えます。

あっ!その前に12月はXmasディナーショーです。皆さんの町の近くにおじゃましたら、どうぞ、お越し下さい。いつものコンサートホールとはまた一味違うステージをお届けします V(^_^)V


ストーブの火も炎をあげています。

お稽古しまーす!

石川さゆり


追伸:

夜はブルーノート東京へ、ナタリーコールのライブを聴きに行く予定をしていたのに、「ナタリーコール体調不良のため中止!」なんですって残念︎ 楽しみにしてたのに〜。

昨日、今日と冷たい雨でとても寒いから風邪かしら...。


皆、生身です。早く元気になってほしいです。

皆さんもお身体ご自愛くださいね。


いまから楽しみな次大夫堀公園の春

今日は世田谷区がやっている次大夫堀公園民家園へ行きました。

私の大好きな所です。

江戸時代後期から明治にかけての農村風景を再現しているところです。

藁葺き屋根の縁側のある家、庄屋さんの家、火の見櫓、お~肥溜めまでありますよ。

囲炉裏に火が入っているお家もあります。

世田谷のボランティアの皆さんや区の職員の方々が畑にネギや大根も作っています。

おじいさんが立派な菊を咲かせています。

懐かしい原風景がほっこりとあるんです。

民家園の周りには田んぼあります。

今は稲刈りも終わり冬の田になっていますが、3年越しでこの田んぼを子供の頃に沢山あった蓮華畑に出来たら、子供達が蓮華畑で寝転んで遊べたらいいなと区役所にお願いをしていたんです。

そうしたら、なんと♪「石川さんも撒いて下さいますか?」 といわれ、「勿論!」 で本日、晩秋の空の下遊びに来ていた子供達と春を夢みて蓮華の種を蒔きました。

まるで、花咲じいさんならぬ蓮華の花咲かばあさん?ですぅ~ (^.^)

来年のゴールデンウイーク、蓮華畑の上に鯉のぼりが泳ぎ子供達の笑顔。私の今日の楽しみです。

皆さんも、春にチョット楽しみに懐かしい景色を見に来てください。

石川さゆり

大人の階段

今月16日は母の誕生日です。81歳になります。

60を過ぎ、子育て終了してもっと綺麗な字が書きたい。冠婚葬祭で名前をきれいに
書きたいから。そんな理由で始めたお習字でしたが、好奇心いっぱいの母は
今では水墨画へ発展し畳の大きさくらいの作品を書けるようになっています。
すごいな~と感心します。

しかし、そんな母も近年の膝の痛みが辛いらしく、
掘りごたつのテーブルだった食卓をお誕生日プレゼントに少し低めのテーブルに
床にフタをして工事をしました。
台所への一段の段差も膝の痛みで辛いと言いますので、もう一段増やして
一段が3、4cmほどの段差になりました。
家族は台所へいこうとすると、慣れない低い段差にかならず「 オット~」と声が出ます。

まさに、お大人の階段です ^_^

テーブルと椅子は従兄弟の美月ちゃんが家具職人で、ご主人の元気さんと作って
くれています。

母にはいっぱい感謝です。誕生日に新しいテーブルでお祝いします。
皆こうして大人の階段を歩くのだ。
お母さん!
元気に楽しみ長生きして下さいね。

石川さゆり

安心を考える

今日117日広島へ来ています。

NHKのチャリティーコンサートは広島交響楽団の演奏で歌いました。

今年のこのチャリティーコンサートのお客様の基金は今年、台風で被害を

受けられた広島の皆様へ送られる事になりました。

ステージを終え宿へ向かう途中、広島原爆ドームが見えました。

部屋でテレビをつけたら福島県の原発事故の汚染土を国の除染が進まず自分達で

除染法方を考え、ふるさとへ皆さんが帰って来られる努力をしているという

ドキュメンタリーを見ました。

その後のニュースでは鹿児島県川内原発の可動決議。

大きな原発の問題を考えなさいという気がします。

暗い闇の中に見える原爆ドームが投げかけ続けること、福島県で起きた

日本の抱えた原発事故。

恐ろしさを国民が皆で考えなければいけない事ですね。

今日は、仲良くして頂いていた筑紫哲也の七回忌でもありました。

お元気でいらしたら筑紫さんはどんなコメントをするのかしら...と思いました。

石川さゆり

バックナンバー