さゆり日記

秋の京都に来ております

今年も季節が巡り秋です。
皆さんはどんな秋をお過ごしですか?

私は音楽、歌の季節そして芸術の秋です。
一昨日、久しぶりに国立劇場で文楽公演「不破留寿之太夫」を観て来ました。
今回はシェークスピアを文楽、義太夫での公演素晴らしかったです。
本物の古典芸能の力と新しい空気を取り入れながら、しかし、けしてあざとくなく。


気持ち良い舞台の総合力に感動でした。
良いエンターテイメントを観ると元気になりますね。


で!今日の石川は京都に来ました。
ちょっと前に椎名林檎さんから、今年「くるりの京都音博」に出演するのだけど、
サプライズ!で一緒に歌いませんか?のお誘いに、
皆さんに、チョットびっくり!楽しんで頂けるかしら・・・と


椎名さんの「カーネーション」は以前 私をイメージして作られたと聞いていたので、
では^o^ ということになり、折角二人でステージで歌うのであれば、
今年、「闇夜の心中立て」とカップリングの「名うての泥棒猫」を二人で歌っちゃいましょう。
という事になりました。


チョイト、楽しく椎名林檎さんと歌い、時折「くるり音博」ならではのポーっとSLの汽笛が
聞こえ嬉しい日でした。そして


久しぶりに、くるり の 「しげ 」と「まさ 」 にも会えてうれしかったですよ〜(^.^)


暑さ寒さも彼岸までというけれど暑くて熱い京都でした。
そういえば鴨川のヌートリアを見ませんでしたが、どこかへ行っちゃったのでしょうか?


アッ❗️それから皆さんのお声で「闇夜の心中立て」と「名うての泥棒猫」がEP盤
レコード盤としても発売になります。
懐かしいですね。やはり音は絶対バイオンが拡がりよいですね。
皆さんも懐かしいプレイヤーを出して聴いてみて下さいね。


街のお店にお彼岸のお菓子が並んでいます。
ついつい目が行く食欲の秋でもあります。


                                        石川さゆり

バックナンバー


ページトップ