さゆり日記

三陸へボランティアライブ

8月7日は仙台の七夕祭り真っ只中ものすごい賑わいです。それに、今年は東北地方とはおもえない暑さです。


今年も3年前の震災よりつづけているミニライブです。今日は南三陸へ伺います。途中、道の横に出ている温度表示は35度です。


仙台から車で2時間ほどで南三陸町です。向かう車から見える景色は稲穂が風に美しい緑の波を打っています。しかし、このあたりの田畑も津波の海水を撤去し土を入れ換えての稲作だそうです。皆さんの大変な毎日の復興なんだな~と思います。


また、そうした努力の毎日の中、高い放射線量が検出されその草を食べた牛にも影響が出た地域もあります...と車を運転して下さった方がおっしゃつていました。


南三陸町に入って行くと電車の線路が復旧が大変なため、線路が舗装道路になりそこをバス道にして皆さんの足になっていました。仮設住宅も3年の月日に雨漏りやカビで老朽化しています。夏の暑さもですがまた、やって来る厳しい冬も心配です。東北の被災地を訪ねると新たな大変な日を伺います。


しかし、皆さんにお会いすると明るく元気です!今日も夜中の3時半からならんで待って下さった方がいたそうで感謝です。


私の音楽仲間、崎久保さん、マサオくん、山口ともさん、と今回は来ました。3人オーケストラ。皆さんも大きく声を出し歌い楽しんで下さいました。


明日は岩手県の宮古へ伺います。歌、音楽と共に自分に出来ることをさがし私自身も励みまた交流を持って元気を届けにまいります。


今年は日本中、猛暑や集中豪雨と大変なニュースを見ます。
どうぞ皆さんお身体大切にお過ごしくださいませ。

                                                        石川さゆり

バックナンバー


ページトップ