さゆり日記

ALSチャリティー

厳しい残暑が続きます。皆さんお元気でお過ごしでしょうか。

昨日、親しい友人からALSへのチャリティーでアイスバケツリレーの指名が届きました。
世界中の人達が関心を持ち、理解し、病気の研究と治療が進むことを心から願います。
難病と闘っている患者さんは勿論のこと、支えるご家族のご苦労を思うと、何をすべきだろうと考えます。
チャリティーに賛同し然るべき寄付をさせて頂きます。

しかし、氷水をかぶること、また次の方への指名はご遠慮させて頂きます。
日本中、世界中に大変な日々を強いられていらっしゃる方々が沢山います。
先日も南三陸町や宮古に伺ったのですが、仮設住宅での生活も3年を過ぎ、屋根の雨漏りや床の腐食など、様々な問題を抱え過ごしていらっしゃいます。

チャリティーリレーで、改めて24時間の在り方と大切さを考える機会を頂き感謝致します。困難を知ること、そして心を寄せ合うことの大切さをおもいます。

けれど、何より大切なのは継続することだと思います。
皆さんの笑顔がうまれることを祈ります。

石川さゆり

バックナンバー


ページトップ