2012年3月のバックナンバー

後半戦へリフレッシュ

明治座休演日は、ゆっくり寝坊してのんびり過ごしましょう。と思っていても、公演中の常で、連絡やら後半に向けての準備やら、あれこれやらねばならない事があって、朝からバタバタしていました。つまりゆっくり寝てなどいられないのであります。

バタバタしたのにはもうひとつわけがありました。そう、イチローさんの試合を観に行かねばならない。メジャーの開幕戦です。マリナーズVSアスレチックス。

東京ドームの開幕セレモニーに滑り込みセーフ。

さてさて、固唾をのんで見つめる初打席。打球はすごく背の高いピッチャーの頭を越えてヒット!ヒット! 思わず「がんばれー、イチロー!」と叫んでしまいました。2打席目は俊足でまたヒット!3打席目はセンターにヒット!もう止まりません。

結果は皆さんも良く知っている通り、4安打+1打点!!

イチローさん今シーズンも快調です。集中力と俊敏な反応。良い刺激を貰い、おかげで私も最高のリフレッシュでした。今年も頑張ってくださいね!

さて、明治座公演も中日から後半戦へ突入です。浜町の桜も蕾の先が紅色に染まり、もう開花が待ちきれない風情です。

石川さゆり

デビュー記念日スペシャルステージ

お客様、スタッフの皆さん、本当にお疲れ様でした。石川は本当に素晴らしいファンの皆さんに支えられ、心から幸せだと思います。そして同じ思いでステージを作ってくれた音楽仲間、役者さん、スタッフの皆さんに感謝したいと思います。

40周年の記念日、客席とステージが一体になって力いっぱい弾けてみたい。リアルタイムでリクエストに応えてみたい。写メも客席と一緒に歌うことも、今宵は皆解禁のお祭りだ!ということをやってみました。お楽しみ頂けたら嬉しいです。

気がつけば「歌日和」は3時間を越える自己最長記録になっていました。今は心地良い達成感と興奮の中にいます。

お祝いに遠路駆けつけて下さった東松島の皆さん、本当にありがとうございました。素晴らしい獅子舞をありがとう!まだまだこれからだけど着実に前向きに頑張ってくださいね。

さあ、明日も元気に明治座公演です。

石川さゆり

浅丘ルリ子さんとベニスの商人

明治座公演も七日目になります。連日たくさんのお客様で本当にありがとうございます。

劇中で一座がシェイクスピアの「ベニスの商人」を上演し、英語の出来ない貞奴がポーシャの長台詞を般若心経で誤魔化す?場面があります。お陰さまで石川は般若心経を立派に唱える事ができるようになりました。

「色即是空、空即是色・・・舎利子!舎利子!」と貞奴のポーシャに「り、利子はいらない!」と音二郎のシャイロック。どうぞ遠慮なく笑ってくださいね。

「アントニオの腹の肉一斤は切り取っても良いが、血の一滴も流してはならぬ!」というポーシャの判決のお陰で、アントニオは助かり、強欲なシャイロックは財産を没収されるというシェイクスピアのお馴染みのお話です。

さて些か長い前置きですが・・・。

昨日は浅丘ルリ子さんがいらっしゃって、お芝居と歌のステージをご覧いただきました。終演後にご飯をご一緒することになり、浅丘さんの行きつけのお店にLet’Go!食事になると元気な私です。

アントニオというイタリアンのお店です。浅丘さんにお任せして、楽しいお話と共にセッセと食べる私。メインはお肉が出て来ました。美味しいお肉を食べながら突然私の頭に浮かんだ事は・・・。

「アントニオの腹の肉一斤?!」

私はアントニオで腹の肉?を食べている???

いかんいかん、仕事が頭から離れず変な連想を。

浅丘さんありがとうございました!!

石川さゆり

明治座公演始まりました

心地良い緊張感の中、明治座特別公演が始まりました。初日から客席いっぱいの皆様にお越し頂きありがとうございます。

なかにし礼先生にもご覧頂きました。無理をされたのではないかと心配ですが、本当にありがたく思います。

舞台は生き物です。これからも日々進化して行くと思います。気力は充実。明日からも全開で楽しいステージをガンバリます!

石川さゆり

3・11の夜更けに

本日より浜町暮らしスタートです!!

劇場がスタートするのだ!!という気分になります。

 

昨年のあの日本中が驚いた、恐ろしい恐怖の日から1年が経ちました。早い月日なのか長い月日なのか、様々な困難があり夢中で生きてきたのだと思います。

 

大惨事の記憶をイベントのように騒ぐマスコミや人達にも、何とも複雑な気がします。決して忘れることなく、自分のできることを続けて行きたいと深く心に刻んだ今日です。まだまだ長い道程です。我慢強く諦めず・・・。

 

三月上旬も過ぎ東京の梅も咲きましたが、日が落ちるとまだまだ寒いです。皆さんもお身体気をつけてください。

 

私も明日芝居舞台ゲネです。

がんばりま~す。

石川さゆり

啓蟄

冷たい雨が止んで何故か夜になって寒さが和らいできました。昨日は24節気の啓蟄。今年は春が遠いと思っていましたが、自然と言うのはすごいもので、節目節目で帳尻を合わすのだと感心します。

なかにし礼先生に書いて頂いた明治座 石川さゆり40周年記念公演「貞奴世界を翔る」の稽古も愈々佳境に入りました。皆で力を合わせ、頑張って楽しいお芝居にします。

先生もどうか良い治療をされて、4月10日の千穐楽までにご覧頂けるよう、心より願い、祈っています。

石川さゆり

バックナンバー