さゆり日記

我が家のボジョレーヌーボ?

やっと、空気も冷たくなり秋の深まりです。

木々の葉も色ずいて来て街なかでは

日本人でありますのに意味もわからず

ボジョレーヌーボと大騒ぎのよう...

群馬でコンサートを終え23時頃帰宅しました。

すると、母がやって来て、今日はボジョレヌーボ解禁よ!

我が家のボジョレーを開けましょうと言って台所の下をのぞいて

いるのです。

ハテ??と思っていると、梅酒を漬ける大きなガラス瓶を出し

これ?密造酒になるになるかしら?と言うのです。

どうしたの...??と聞くと

今年は沢山葡萄を頂いたのでもったいなかったから

ビンに入れ皮ごと少しつぶしてちょっとお砂糖を入れ焼酎を少し上から

降りかけ一月ほどおいておいたのよ。と云うのです。

だいじょうぶ~?と言いながら20㎝ほど溜った、まさに葡萄色あざやかな

ワイン???をお玉ですくって母と小さなお猪口でなぜか乾杯!!

う?えっ??お味ですか・・なぜか葡萄じゅーすです。

母はもう少ししたら発酵してお酒になると言うけれど

私はその前にカビてしまうと思うんだけどな~

我が家の不思議なボジョレヌーボ

実りの秋?を感じます。。カンパ~イ!!

石川さゆり

バックナンバー


ページトップ