2011年4月のバックナンバー

無事に千穐楽を迎えました

3月御園座、4月新歌舞伎座の連続公演も、おかげさまで千穐楽を迎えました。

 

2月の底冷えの中でお稽古が始まり、3月の名古屋から4月の大阪と季節の変わり目を体感する間もなく、目まぐるしく過ごしました。公私とも様々な出来事がありました。きっと一生忘れることのない春になると思います。

 

2,3日はお休みさせて頂き、心と体を癒すことにします。劇場とホテルとの往復で、ちょっぴり浦島太郎になったところも回復しなければなりません。

 

皆様への感謝を胸に・・・。

 

石川さゆり

 

 

耳にタコならず指にタコ

大阪新歌舞伎座公演も残すところ5日8公演となりました。連日たくさんのお客様の大きなご声援に改めて感謝申し上げます。

 

名古屋御園座から大阪新歌舞伎座へ連続の公演も、あっという間の2か月でした。良く頑張ったと、自分で自分を褒めてやりたい気持ちです。(笑)

 

長期の公演で私の体にも変化が・・・。と皆さんを脅かしておいて。

実は右手の親指に「三味線ダコ?」が出来ました。正確には「撥(ばち)ダコ」かしら?つまり三味線の撥に当たる親指にタコが出来たのです。

公演中はもちろん、お芝居の稽古に入る前より三味線は稽古していましたから、ほぼ3か月以上毎日休まず三味線を弾いているわけですから、さしもの私の親指も、身を守るためにタコを作ったということですね。

 

「ぶらぶら節」の時には芸者の愛八さんでしたから、立派な「座りダコ」ができましたが、今回は瞽女さんの役で「撥ダコ」ということです。公演の度に新たなタコが出来たりして・・・。まあ、これも頑張った勲章ということにしておきましょう。(笑)

 

さて、明日も力一杯飛び跳ねます。

 

石川さゆり

 

 

バックナンバー