さゆり日記

吉岡さん

 現実を頭では理解しながらも、心が認めないことがあると知りました。この大きな喪失感は埋められそうにありません。

  

 時は容赦なく流れて行きます。残酷なものです。

 

 未練がましくしゃがみ込んでいたら、きっと叱られると知りながら、しばらくはこのままにしておいて欲しい・・・。

  

 どうか安らかにお休みください。

 

                                   石川さゆり

バックナンバー


ページトップ