さゆり日記

桜の京都を駆け巡り

 祇園白川の桜を楽しんで、四条通りを八坂さんへ、初詣でもこんなに人出がないだろうといういうほどの混雑。すぐそこに見える石段下までなかなか近づけません。はぁ、お花見も忍耐が必要なのですね。

 

 先に進めずゆっくり石段を上ったので小さな発見。向かって左の狛犬(獅子?)の頭に角がありました。阿吽の吽の方です。あなたは犬なの獅子なのユニコーンなの? 

 

 ようやくたどり着いた円山の枝垂れ桜は、何故か元気がなく、枝先が傷んでいるように見えました。花の下にはブルーシートがあちこちに敷かれて、夜のライトアップ&お花見の場所取りです。露店からは様々な食べ物の匂いが混然と漂ってきます。これはこれで楽しそうではありました。

 

 翌日は混雑を見越して早めに出発し、醍醐寺の桜を観に行きました。太閤秀吉のお花見で有名なお寺で、広大な敷地は、文字通り桜が咲き乱れる様でした。霊宝館の大きな枝垂れ桜は見事で、青い空を背景に薄紅色の花が視界いっぱいに広がり、しばらく見とれて、うっとりです。

 

 伏見から宇治まで足をのばし、終日京都の桜を満喫。疾風怒濤のお花見旅行ではありました。

 

 さて、来年は桜の中を駆け巡るようなお花見を改め、何処かでじっくり楽しもうかなと思っています。そろそろ大人のお花見をしないとね。

 

石川さゆり

 

 

バックナンバー


ページトップ