さゆり日記

京都音博は熱い経験でした

 野外の音楽フェスティバルは初めての経験でしたので場違いにならないか心配だったのですが、 本当に温かいお客さんやスタッフの皆さんのお陰で楽しい一日になりました。

 

 少し戸惑いがあったオープンの本格的なステージも、沢山の若いお客さんも、歌い始めてしまえばとても新鮮で、 ダイナミックで直接的なリアクションが感動的でした。ステージは客席と一緒になってできているということを改めて感じました。 何か熱いエネルギーを貰ったようで、本当に楽しかった。好きだった京都が更に好きになりました。(笑)

 

 矢野顕子さんとも久しぶりにお会いしました。もう25年以上前になりますが、 矢野さんのお宅に伺って手料理を頂いたことがありましたが、仕事でご一緒する機会もないままご無沙汰していたのです。 音博のお陰で懐かしいお話もできました。メールアドレスも交換しましたので、ニューヨークに行ったら遊びに行こうかな・・・。

 

 最後になりましたが、音博に誘ってくれた「くるり」のお二人に感謝です。お疲れ様でした。楽しく熱い一日をありがとう。

 

石川さゆり

 

 

 

 

 

バックナンバー


ページトップ