2009年9月のバックナンバー

京都音博は熱い経験でした

 野外の音楽フェスティバルは初めての経験でしたので場違いにならないか心配だったのですが、 本当に温かいお客さんやスタッフの皆さんのお陰で楽しい一日になりました。

 

 少し戸惑いがあったオープンの本格的なステージも、沢山の若いお客さんも、歌い始めてしまえばとても新鮮で、 ダイナミックで直接的なリアクションが感動的でした。ステージは客席と一緒になってできているということを改めて感じました。 何か熱いエネルギーを貰ったようで、本当に楽しかった。好きだった京都が更に好きになりました。(笑)

 

 矢野顕子さんとも久しぶりにお会いしました。もう25年以上前になりますが、 矢野さんのお宅に伺って手料理を頂いたことがありましたが、仕事でご一緒する機会もないままご無沙汰していたのです。 音博のお陰で懐かしいお話もできました。メールアドレスも交換しましたので、ニューヨークに行ったら遊びに行こうかな・・・。

 

 最後になりましたが、音博に誘ってくれた「くるり」のお二人に感謝です。お疲れ様でした。楽しく熱い一日をありがとう。

 

石川さゆり

 

 

 

 

 

イチローさん9年連続200本!!

 前人未到の9年連続200本安打、 本当におめでとうございます。 あまりにもすごい記録に表現する言葉がありません。

 

 歴史的瞬間を見たいと思い、応援に行ったエンジェルス戦ではカウントダウンが進まず、日本に帰る機内で見られない試合は雨で中止。 今日は2時過ぎから待ち続け、ダブルヘッダーの2試合目。2009年9月14日、 記録達成の瞬間は私にとっても忘れられない記憶になりました。

 

 小さな一歩一歩の積み重ねが偉大な足跡となる そんなことを改めて教えてもらった気がします。 まだまだ続くイチローさんの道、 ファンの夢とともに歩き続けてください。 カッコイイ日本人イチローさんを、 これからも応援しています。

石川さゆり

アナハイムに後ろ髪を引かれ

 突然思い立ちカリフォルニアのアナハイムへ行きました。アナハイムといってもディズニーランドではありません。 メジャーリーグのマリナーズとエンゼルスの試合を見に行ったのです。もちろん、お目当てはイチロー選手の9年連続200本安打。 この劇的な瞬間を直接見たくて、仕事の合間を縫っての強行軍でした。

 

 アナハイムのエンゼルスタジアムは去年に続いて2度目です。第1打席から見逃せないので、 早めに球場に着き試合の開始を待ち受けます。この時間は期待でドキドキしますね。私はこの緊張感が好きです。なぁ~んて、 去年まで野球のルールも満足に分からなかったくせに・・・。

 

 試合の結果はみなさんご存知でしょう? 残念ながら劇的瞬間は見られませんでした。 流石のイチローさんも力んでしまったのでしょうか? いつもより緊張していたように見えました。まあ残り4本ですから、 記録更新は間違いありません。劇的瞬間へのタメとでもいいましょうか、小休止ですね。

 

 問題は私が次の試合のあるテキサスへは行けないことでした。仕事が待っていますので日本に帰ります。あ~、 でもなんとなく後ろ髪を引かれる思いです。テキサスレンジャーズとの試合は帰路の機内で見られません。イチローさん、 明日のヒットは3本までにしておいてね。TVで良いから、その瞬間を見たいから。(笑)

 

石川さゆり

バックナンバー