さゆり日記

千穐楽

 新歌舞伎座公演も愈々明日は千穐楽です。

 

 3月の明治座、そして5月の新歌舞伎座と沢山のお客様の大きなご声援の中で、力一杯演じ、また歌うことができました。本当にありがとうございました。

 寒さの厳しい頃から稽古に入り、気が付けば冬から夏へと季節が巡りました。暦を捲れば、また新たな始まりです。今回のお芝居のテーマではありませんが、ステージに立つことの素晴らしさ、生きていることの素晴らしさを感じます。

 いろいろなことがありました。出会いがありました。若い役者さん達の直向さに励まされ、感動したこともありました。ステージは生き物だと改めて思います。だからこそ楽しいのだと・・・。歌い続けることが石川の人生(ジャーニー)だと思います。さあ、出発進行!です。

 

石川さゆり

 

 

 

バックナンバー


ページトップ