2008年3月のバックナンバー

『和風サンド』ご馳走様でした

  この数日は雨続きで肌寒いお天気でしたが、今はちょうど沈丁花の季節ですね。あちこちで満開の沈丁花を見かけます。我が家の庭の沈丁花も見頃で良い香りがします。

 

  昨日、明治座さんが「日記で宣伝していただいたので・・・」と、『和風サンド』を下さいました。気になっていた明治座の『和風サンド』を漸く食べることができたのですが、噂どおり、美味しかったです!カマボコとチーズと海苔って、意外と合うんですね。家でも作ってみようかしら。ワサビマヨネーズも合いそうです・・・。明治座さん、ご馳走様でした。


   公演中は慌しくて、ご飯を食べる時間がないんです。2回公演の日なんかは、昼の部の歌のステージが終わったと思ったら、すぐにまた夜の部のお芝居の衣装に戻らないといけないわけで、1日1食なんて当たり前なんです。我が家ではこれを『明治座ダイエット』なんて呼んでいますが、やっぱりご飯はちゃんと食べないといけませんね。

 

  中日も過ぎて、いよいよ後半戦突入。最後まで元気いっぱいに、楽しい舞台をお届けして行きたいと思います。              

                                                            石川さゆり

春雷

  昨日は夕方から大雨が降っていましたが、公演をご覧になったお客様は、お帰りの際大丈夫だったのでしょうか。まるでバケツをひっくり返したような雨で、夜には雷まで鳴っていましたね。まさに春雷とはこういうのを言うのでしょうね。打って変って今日は、室内にいるのが本当にもったいないようないいお天気。陽気も5月並みで、汗ばむような暖かさです。なんだか春を飛び越えて、このまま夏になっちゃいそうな感じすらしますね。予想では、今月末に桜も開花するそうです。楽日の頃には綺麗な桜が見られるのかしら。

 

 話は変わって、先日日記に書いた和風サンドイッチの具が判明しました。なんと、かまぼこだったんです。実際に食べたスタッフによると、パンとかまぼこの組み合わせには驚いたけれど、なんともいえない触感と塩味が絶妙だったそうです。私も是非1度ぐらいは食べてみたいです。      

                                                       石川さゆり

ステージの上からも春が感じられます

  早いもので、明治座公演が始まって1週間が経とうとしています。気が付けば、梅の花も散り始め、もうすぐ桜の季節到来です。2回公演の日は1日中劇場にこもりっぱなしですが、それでも春はやっぱりウキウキした気分になりますね。公演を観に来てくださった方の装いからも春を感じます。

 公演のペースに慣れて緊張も少し和らいできた最近は、色々な事に興味が湧いてきました。たとえば、私は楽屋と舞台上しか知らないけれど、明治座にはお土産屋さんやお食事処など、いろんなお店もあるみたいですね。客席出口の向こうは、一体どんな感じなんでしょう。チラッと見たお食事処のメニューには、和風サンドなるメニューがありましたが、一体どんなサンドイッチなんでしょう。

 和風というイメージからは、お肉ではなくシーフードでしょうか? 海苔なんていうのも和風にはピッタリきますね。マスタードは洋風ですから、ワサビを使うに違いありません。お腹が減ってきたせいか妙に想像が湧き上がります。

 残念ながら、私には舞台があるので見に行くことができませんが、公演を観にいらした際には是非私の分もいろんなお店を覗いてみてくださいね。         

                                                       石川さゆり

皆様のお越しをお待ちしております

   昨日は丸一日、明治座の舞台で1部の芝居稽古でした。本番と同じメイク、衣装で稽古ができるのは1日だけです。みんな一瞬たりとも気が抜けません。昼前から始まった稽古が終わったのはなんと夜10時頃でしたが、誰一人としてへばることなく最後まで全力投球の稽古でした。(事務所のスタッフにはへばっているのもいて、情けないやら恥ずかしいやら・・・。プンプン!
日記2008.3.1 081
 いよいよ本番は明日から。1ヶ月間怪我人や病人を出すことなく、みんなで一丸となって務めたいと思います。そして、私たちが全力で作り上げた舞台に、たくさんのお客様が足を運んでくださるのを楽しみにしています。
                                                                                                                 石川さゆり

                                     

バックナンバー