さゆり日記

南の海からレポートです

 皆様、あけましておめでとうございます。

 新年が明けて、4日から取材でパラオに来ています。大晦日までの慌ただしさが嘘のような、静かで長閑な南の海が広がっています。 これからも、歌を楽しく、精進して行くのは勿論ですが、今年は何か私たちの暮らす地球環境を体験し、皆さんにお伝えできたらと思います。 子供たちの未来を考えると、このテーマは少し心配な気がするのです。

 パラオは、500程の小さな島が連なり、島の緑はモクモク?と元気です。 海もエメレルド色にキラキラ輝いています。 昨日は2本海に潜りました。(ダイビングでは潜る回数を1本2本と数えます。2回潜ったということです)

 マリンレイク、パラダイスコーナーと呼ばれる珊瑚礁のポイントです。日本でも温暖化で大きなニュースになっていますが、 パラオの珊瑚にも死んで白化した所がみられます。でも、その白化珊瑚の中でも小魚達が住処にして、一生懸命生を繋いでいます。 自然界の命のバランスは、想像より危ういところにきているのかも知れません。

 今日は、カヤックでマングローブを見てきます。パラオの自然を、またお伝えします。

                                                        石川さゆり

バックナンバー


ページトップ