2007年9月のバックナンバー

日本橋三越「石川さゆり展」最終日

9月25日~30日のアッという間の6日間でした。9.30 (1)

日本橋三越の皆さん、大変お世話になりました。

会場に駆けつけて下さった沢山の皆さん、

本当にありがとうございました。

 昨夜、さゆり展へのお便りは全てスタッフが

持ち帰ってくれ、改めて読ませて頂きました!

似顔絵を描いてくださった方、着物や展示について、

青山、会社を休んで見に行きます~~という、

嬉しいお便りなど、沢山沢山ありがとうございました。

 初めての石川さゆり展いかがでしたか?

また、お便りや、感想など、聞かせてください!

 お便りの受付は 150-0022 東京都渋谷区恵比寿南3-7-10-501

            石川さゆりファンクラブまで。

            FAX:03-5721-6830 お願いいたします!

 

武道館へ世界劇「黄金の刻」

9.29 TEPCO一万人コンサート・・・こう聞くと、

あっ、武道館の・・とお分かりの方も多い

と思います。

 「黄金の刻」の作・作詩・演出・芸術総監督を

なさったなかにし礼先生にお誘いを頂きまして

今日は、武道館へ伺いました。

 私の座ったお席の正面には、この舞台での

見所でもあります3千人の合唱団の皆さんが

揃って着席されていまいした。

ソプラノの佐藤しのぶさん、テノールの錦織健さん、、。

22人の助六太鼓の皆さんと、本当に沢山の方で

作られた素晴らしい舞台でした。

こうして生の舞台、ショーを見ると、

今から11月の青山劇場の事が気になってきました!

今からドキドキしています。

皆さんに楽しんで頂けるよう頑張ります!!

 

 

 

三越劇場にて、新曲「朝花」発売イベント&握手会

9.27 (14)今日は、新曲「朝花」を購入して下さった

900人余りのファンの方が、新曲イベントに

来てくださいました。

ライブの後での握手会では、色々な

お話が伺えました。

三越劇場での握手会の後、早速、

展示場へ行ってみました。

 明日の開場までにもっと見て楽しんで頂きやすいように

スタッフにお願いして、少しだけ、変更をして貰います。

展示会では、館内のお客様と色々なお話をしました。

簪のお話からジャケットのお話など、、、。

 今日は、予告も為しに展示場にお邪魔したので、

スタッフも大慌てしていました!!(笑)

明日も見に行けるかな~??

 

三越から公開ラジオ放送です

今日は三越で、テリー伊藤さんの9.26 (9)

「のってけラジオ」の公開放送が

ありました。13時からの生放送で、

テリーさんの楽しそうな雰囲気が

ステージ裏にも届いて来ました。

私は14時からのコーナーにお邪魔

しまして、転機になった曲やその

時の懐かしいお話をしました。

 デビュー曲のかくれんぼ、良妻賢

母のイメージを壊そう?と、作家の先生方が

作って下さった天城越えや、 新曲の

「朝花」、現在CM中の「ウイスキーがお好きでしょ」など

たくさんの曲をかけて頂きました。

15時からはテリーさんと一緒に展示場を見学にも行きました。

 「石川さゆり展」には嬉しいことに84歳の方から高校生の方まで、  

とても広い年齢層の方からの沢山のメッセージを頂きました。

着物や簪に興味を持って下さる方、バイオグラフィーや私の昔の

写真を見て懐かしく感じて下さる方、皆さんそれぞれの視点で楽

しんで下さっているようです。

「いつも、わが子を見ているような気持で応援しています」とい

う温かいお言葉や「まだ若いのですから、あまり地味にならない

ように」と厳しい?ご指摘などもありました。

 皆さまからのメッセージはすべて読まさせていただきますので、

メッセージをよろしくお願いします。

「石川さゆり展」、始まるまでは初めての試みということで不安

もありましたが、今は最終日まで少しでも多くの方に楽しんでい

ただけたらなぁと願いつつ、皆様のご来場をお待ちしています。

 

5年ぶりの徹子の部屋です!

今日は、三越の「石川さゆり展」の後、9.25 (56)

『徹子の部屋』にお邪魔しました。

CM中にも、お着物のお話をしたり、

先日のスキューバのマンタの写真も

初公開です!

黒柳さんと、楽しいお話を色々としました。

是非、オンエアーもご覧下さいませ。

「石川さゆり展」が始まりました

 今日からいよいよ「石川さゆり展」

の始まりです。9.25 (23) 8時前に三越に到着し、

さっそく展示場を覗きに行きました。

スタッフのみなさんが徹夜で作業して

下さったおかげで、想像以上に素敵な

展示場が出来がっていて、 あとは簪

のディスプイがもう少しで完成する

ところでした。

 オープニングセレモニーで、

三越日本橋本の店長さん、テイチクの社長と並んでのテープカット。 その後、展示章を改めて見させていただきました。

 手前味噌ですが、なかなか面白くできております。

あとは沢山の皆様にお出でいただけたらいいなぁ。と思いました。      会場に設けた皆様からのメッセージをいただくコーナーにも、

山のメッセージをお待ちしています。 この日記でもお応えしたい

と思います。どうぞよろしくお願いします。

日本橋三越本店「石川さゆり展」

明日から始まる展示の準備で、

スタッフは三越に泊りがけで準備です。070924_234323_M

深夜の建付けが済んだら開店までの数時間で、

展示する着物や櫛、簪などをディスプレイす

るのだそうです。

現場作業の大変さは、公演の準備や撤収など

から私にも想像できます。

スタッフの皆さんご苦労様ですね。

私もオープニングのセレモニーがありますから

明朝の8時前には日本橋三越に伺います

取材の方もお出でになるようですから、

今夜は早めに休ませていただきましょう。

 ふ、ふ、ふっ。

 でも少し羨ましいのは、真夜中のデパートって

  どうなっているのか興味があるのです。 地下の

  食品売り場の夜中は、どんな様子なのでしょう。

  貴金属売り場は、セキュリティーがさぞ厳重な

  のでしょうね。いちど探検してみたい。

 スタッフのご苦労を尻目に不謹慎な想像をしていたら、

  ようやく眠たくなってきました。明日を楽しみに、おやすみなさい。

 

ウイスキーが、お好きでしょ

「わたしは氷」篇 (ウイスキーが、お好きでしょ:sayuri)

http://www.suntory.co.jp/whisky/kakubin/cm/index.html

誰?この澄みきった歌声は

テレビから流れる歌を聞いて、こう思われた方も多いのではないでしょうか。

実は、このCMソングが流れたのは1990年、

同じくサントリーウイスキーのCMでした。

当時はSONG BY SAYURI  のクレジットもなく、誰の歌?と

本当に大きな反響を呼んだものでした。

「そうだった」と記憶に残っている方も多いかも知れませんね。

時は流れても、音楽は本当に不思議です。

石川さゆりの新鮮な魅力に出会えた気がしませんか?

久しぶりの水中散歩です

 9月の1415日に西伊豆の井田に ダイビングに行きました。

ライセンスを取得したのは10年以上前ですがここ数年は時間が取れなくて、 2年ぶりのダイビングです。 最初はちょっと緊張しましたが、 海の中独特の解放感は、 日常とは違ってリラックスさせてくれました。

 一時雨が降りましたが、 2日通してはお天気も良好。 日頃の行いのお陰でしょうか?

アカウシノシタ、水中をちょこちょこ歩きまわるセミホウボウ、 カサゴの仲間、そして今回初めてアオリイカの産卵を見る事が出来ました。そんな魚たちに夢中になっていると、 時間もあっという間に経ってしまい、二日で3本、合計1時半も水中で過してしまいました。我ながらびっくりです。

ダイビングも最高でしたが、 西伊豆といえば何といっても美味しい魚介類です。お世話になった民宿のご飯もとても美味しく、 中でも井田では有名なタカアシガニは格別でした。

東京に帰る道すがら、頭の中は既に 「次は何処に潜りに行こうかしら?」今から楽しみです。

 

阿久先生・・・ありがとうございました。

9月10日、 阿久悠先生を送る会が都内のホテルで行われました。 仕事で1時間ほど遅れて会場に着いたため、 大勢つめかけた人たちも少し落ち着いておりました。 正面にはグラスを片手に振り返りながら微笑む阿久先生の写真が、 波打つようなたくさんの白いカーネーションの献花に囲まれていました。 本当に多くの方々が先生をお送りに来たのですね・・・。

 一人お花を手向けてお写真を見上げると 「さゆり、この歌はいけるぞ! 」 とか「よかったね」 と励まして頂きながら拝見したお顔が思い浮かびます。

「先生は怪物だから病気なんかやっつけて下さい。」 といった時、声に出してハッハッハッ・ ・・と笑っていらっしゃいましたよね。

 1960年代の後半から今まで、 時代を感じつつ走り続け、その時代に 鮮やかな色を与えて来た先生。 阿久先生の歌を聞きながら育ち、 思い出を作って来た人々が今の大人たちであり、私たち歌い手・・。でも、先生はまだまだ書き終えていなかったはずですよね。 私の音楽プロデューサーの渋谷森久さんが10年前に亡くなった時、 「大切な同志を亡くした今、 これからは二人で一緒に多くの歌を創って行こう」とおっしゃいました。

 いまだに悲しみが現実のものと理解できずにおります。 「前を向いて、踏み出せ!」という先生の言葉が聞こえるようです。

「どんな時も、歌を創る事で応援しているよ。」とおっしゃって下さった大きな優しさ、本当にありがとうございました。今をしっかり見据え、  媚びず、常に堂々と・・。 歌を通じて多くの事を教えて頂きました。 いつも素敵だった先生、最後にお話しした時「今まで結構病気を甘く見ていたが、 今度ばかりは・・・」とおっしゃったのが、初めての先生の弱気な言葉でした。歌の怪物は歌の神様なってしまうのですか。

先生が「日本の言葉の美しさ、 力強さをもう一度信じて書きたい」とおっしゃった事、 しっかりと受け止め歌って行きます。   

    

 

   

お台場で取材~企業のディナーショーまで

今日は、お台場で取材と、企業のディナーショーが9.7ディナー行われました。

取材の前には、歌芝居のRECも!

今日収録しましたテイチクのこぶしdeねっとの新曲コメントも流れています。 流れるといえば、『朝花』のプロモーションビデオには、 綺麗な奄美の地方の映像が映し出されとても、優しい気持ちになります。皆さんも是非、ご覧になってください。

 http://www.teichiku.co.jp/teichiku/index.html

歌芝居『飢餓海峡』レコーディング

今日は、歌芝居アルバム最後の曲。

『飢餓海峡』のレコーディングでした。PICT0004

5曲で90分余りの大作ばかりです!

作詞・構成 吉岡治先生

作曲     弦哲也先生

音楽・編曲 若草恵先生

 

バックナンバー