風化させてはいけないこと

熊本市内から1時間40分ほどで水俣に着きました。

胎児性水俣病の皆さんと初めてお会いした39年前の街は、私の思い出の中では、もう少し暗い色をしいていたように思います。

「若い患者の会」の皆さんも一生懸命に模索しながら、石川さゆりのコンサートを自分たちの力で実現させようと、ポスターを貼ったり宣伝をして私を呼んで下さいました。

月日というのは穏やかに、優しく時に残酷に流れるのだなと思います。

39年の間にも何度か皆さんとはお会いしていましたが、今回は還暦を迎えた皆さんが、青春のあの熱い日をもう一度思い返し、これから過ごす日への糧に石川さゆりの歌を聞きたいと言って下さいました。

皆さんの会も「若かった患者の会」に変わりました。

会場いっぱいのお客様を前に、代表が「大勢のみなさんの、お力をいただき、開催することができました」と一生懸命に挨拶をなさいました。

月日が経ったんだなと思いました。おこがましく失礼に聞こえたらいけませんが、あの若かった時は必死に自分の自立をおっしゃっていたのが、皆さんへの感謝の言葉に変わっていました。還暦を迎えた皆さんが、とても堂々として立派に見えました。

今回の一日限りのプログラムを組み、音楽仲間とはお客様の開場ギリギリまでリハーサルをし、ステージをお届けしました。私の音楽仲間にも感謝します。

とても嬉しいステージになりました。歌の一曲ずつに大きな拍手を頂き、「若かった患者の会」の皆さんもお顔をくしゃくしゃにして、動きにくい手を「恋しゅうて」では一生懸命に動かし楽しんで下さいました。

私も皆さんにサプライズのプレゼントをお持ちしました。

マーリンズのイチロー選手に、先日皆さんへのプレゼントのお話をしたら、「野球のバットを届けて下さい」と、このオフに帰国してバッティングトレーニングに使っていたバットを届けて下さいました。

イチローさんの黒いバットがボールを捕らえるポイントの一点が、見事に白くなるほど正確に打ち込んだ証のバットです。

今年のシーズンもこうしてオープニングゲームに向かいます。というメッセージだと思いました。

皆さんもこれからいろいろな日があると思います。でも、どうぞ心元気に65、70・・・と歳を重ねて下さい。

教科書で水俣病は知っていると思います。でも教科書の数行では語れない長い時を皆さんは懸命に過ごしていらっしゃいます。どうぞ過去の出来事ではなく、皆さんの事を忘れずにいて下さい。

患者の皆さんの良き日がありますよう願います。

嬉しさと、決して忘れてはいけない日本の出来事を思う今日でした。

感謝

石川さゆり

水俣の皆さんに心を寄せて

昨日3月25日発売、45周年の新曲レコーディングをしました。とても新鮮でインパクトのある歌に上がりました。120枚目のリリースです。こんなに沢山の歌を頂き歌ってきたのに、初めての食感?とでもいう感じです。早く皆さんに聴いて頂きたいです (^-^)♫♫✨✨ 楽しみにしていてくださいね。

そんな興奮を抱きながら今日は熊本に入りました。

ホテルの窓から熊本城が目の前です。崩れ落ちた屋根の瓦や崩れた城壁に掛けられたブルーのシート。痛々しい姿に涙が出ます。

明日は水俣に参ります。胎児性水俣病の皆さんに歌を届けに行きます。最初の出会いは20歳の成人になった皆さんから、自分たちの力で石川さゆりコンサートを開きたいというお話を頂いたことでした。自立への強い思いの出会いでした。

あれから私にも皆さんにも40年近い月日が流れました。もう一度石川さゆりの歌をと言って下さる皆さんが、一生懸命に準備をして下さいました。

坂本さんも金子さんも滝下さんも皆さんも、元気で体調良く楽しんで頂けますよう。いっぱいの思い出が作れますよう、心を込めて歌いに参ります。

明日の再会に、今夜はいろいろなこと思い出したり、思ったりしています。


石川さゆり

千穐楽の御礼

ありがとうございました。大阪新歌舞伎座の正月公演、皆様に沢山のご来場とご声援を頂き、千穐楽の幕を降ろしました。

正直なところ今年のスタートというよりも、昨年末の紅白歌合戦の歌い納めから息つく暇もなく大阪入りして、舞台の稽古から幕開けまで、そして連日の公演を走り切って、漸く一息という感じです。今日で怒涛の年末を無事に終えたと言うのが正直な気持ちです。

明日から少し休憩を取り、45周年の今年を始めます。♫(^-^)

お休みの一日目は玉三郎さんの「傾城」が観たくて歌舞伎座へ参ります。

明後日から体調のメンテナンスです。

公演中に北海道、広島、九州、日本全国から、遠くは中国から日本語のお手紙を持って観に来て下さった方・・・。皆さんに感謝です。ありがとうございました。


石川さゆり

音楽仲間は大阪でも熱い!

明治座会食.jpg連日大きなご声援をありがとうございます。

幕が上がると、毎日がアッと言う間に一日が過ぎて行きます。残すところ6日9公演です。

今日は、さゆりバンドや舞台スタッフの皆さんと食事に行きました。食事をしていても公演の音楽の話で、「あそこ素敵」だとか、「もっとこうしよう」とか、話が盛り上がります。本当に素敵な音楽仲間です。

マネージャーが「明日の公演に向けて、ここらでお開きに・・・」と言っても話が尽きずです (^-^) 舞台監督の加古さんが今日がお誕生日だったので、皆でお祝いしました。

\(^o^)/ 明日からもまだまだ楽しく進化しま~す! 公演は25日までです (^-^)

石川さゆり

吉田和生さんをお訪ねしました

文楽人形.jpg連日の大勢のお客様に舞台の皆も元気いっぱいです。年末の稽古から始まり、日を重ねるごとにチームワークもでき、毎日公演が嬉しく進化しています。

今日は1回公演でしたので、文楽劇場をお訪ねしました。

大晦日の紅白歌合戦の際、「天城越え」の世界を邦楽と文楽人形にもご一緒して頂きましたが、その時の人形は吉田文雀さんの一番のお弟子さん、吉田和生さんでした。

このお正月の文楽劇場もご出演でしたので、お礼ご挨拶に伺いました。その時の かしら を改めて拝見しました。和生さんが、ふっと かしら を動かされると得も言われぬ表情で語りかけてくるようです。

紅白の時に動かして頂いたお人形は、昭和天皇が文楽をご覧になった時に作られた大切なお人形です。髪の結い方は天城越えをイメージして、文楽の床山さんが結い上げて下さったそうです。本当に感謝です。ありがとうございました。

日本の美しい文化を、これからも学びながら日本の歌を探してみたいと思いました。

拝見したのは「染模様妹背門松」でしたが、文楽も義太夫も日本ならではの芸能ですね。石川も励みます。

石川さゆり



バックナンバー


ページトップ